協会について

会長挨拶

嶋 靖博
しま やすひろ
21代目会長 2018・2019年度

一般社団法人 四国サッカー協会会長
一般社団法人 香川県サッカー協会会長


略歴

1953年(昭和28年) 香川県高松市古新町生まれ。
四番丁小―城内中―高松高校―中央大学
1976年(昭和51年) 東京国税局 勤務
1982年(昭和57年) 高松国税局勤務
2003年(平成15年) 税理士登録
2010年(平成22年) 日本サッカー協会 常務理事
2012年(平成24年) 日本サッカー協会 参与
2016年(平成28年) 香川県サッカー協会会長就任 現在に至る
2018年(平成30年) 四国サッカー協会会長就任 現在に至る

(2018年7月現在)


ご挨拶

一般社団法人 四国サッカー協会
会 長   嶋 靖博

四国サッカー協会の各県は、永遠のライバルとして、また、良き友として、長年にわたり切磋琢磨してきた歴史があります。
当協会は、
昭和25年(1950年)4月 四国蹴球協会 設立
昭和52年(1977年)4月 四国サッカー協会に改称
平成28年(2016年)4月1日 一般社団法人に移行
という変遷で、先人の弛まざる努力の恩恵を受けて現在にいたっております。

四国の現状を見てみると、J2で徳島ヴォルティス・愛媛FCが、J3でカマタマーレ讃岐が闘い、今治FCがJFL、高知ユナイテッドは四国リーグで上のカテゴリーへの昇格を悲願に健闘してくれるものと考えております。
近い将来には四国4県にJのチームが誕生して、地元のサポーターの熱い声援をうけた○○ダービーが各地で開催される日がくることを期待しています。
他のカテゴリーに目を向けると、一昨年の愛媛国体での成年男女の準優勝。また、過去には南宇和高校の高校選手権優勝や徳島市立高校のインターハイ、全日本ユース選手権での全国制覇がありましたが、近年は残念ながら、全国レベルでの成績は低迷しているのが現状です。
今一度、四国から日本代表のプレーヤーが出る、全国制覇するチームが出てもらいたいものです。
2019年1月に、四国では初のJFAフットボールカンファレンスが高知県で開催され、日本はもとよりアジアや世界の指導者が多数集い、成功裏に終了したのは記憶に新しいところです。また、2022年四国インターハイが確定し、サッカーは徳島県での開催となりました。地元徳島県の施設の拡充と四国全体の競技力の向上のチャンスにしたいものです。

最後になりますが、四国サッカー界の更なる普及・育成・強化のために日々ご尽力頂いているサッカーファミリーの皆様方に、弛まぬ継続と継承をお願いするとともに、心より厚く感謝申し上げて、挨拶といたします。

2019年3月